総計: 1688615  今日: 97  昨日: 267       Home SiteMap Admin Page
蜜蜂 みつばち ミツバチ 販売!! よろこんで。   
西洋ミツバチ販売
養蜂器具販売
西洋ミツバチ飼育指南
日本蜜蜂飼育指南
養蜂全書(現代語私訳)
蜜源植物
養蜂用語集
お役立ち情報
質問と回答
ご質問はこちらへ
 11月の西洋ミツバチ飼育 
    弱群の合同 
    越冬装備(巣門) 
    越冬装備(内部) 
    越冬装備(外部) 
    越冬装備(寒冷地) 
 12月/1月の西洋ミツバチ飼育 
    餌残量の確認 
    越冬装備材の天日干し 
 2月の西洋ミツバチ飼育 
    巣箱と蜂場の準備 
    養蜂器具の手入れ 
    早春の内検 
    早春の緊急給餌 
    寒冷下での給餌 
 3月の西洋ミツバチ飼育 
    麻袋の保管 
    薫煙材と覆いの作成 
    巣箱の交換 
    巣箱の掃除 
    根蜜の除去 
    春の建勢 
    春のダニ駆除 
    春のふそ病予防 
    空巣脾の使用前に 
    巣脾枠の仕分け 
 4月の西洋ミツバチ飼育 
    空巣脾の挿入 
    雄蜂児数の調整 
    分封対策 
    継箱の設置 
 5月の西洋ミツバチ飼育 
    アリ対策 
    群殖ー人工分封 
    巣礎枠入れ 
 6月の西洋ミツバチ飼育 
    チョーク病対策 
 7月の西洋ミツバチ飼育 
    夏の給餌 
    夏のダニ駆除 
    暑さ対策(1) 
 8月の西洋ミツバチ飼育 
    暑さ対策(2) 
 9月の西洋ミツバチ飼育 
    スズメバチ対策(1) 
    スズメバチ対策(2) 
    秋の抜き蜜 
 10月の西洋ミツバチ飼育 
    巣脾の整理 
    空巣脾の保管 
    群勢の確認 
    秋の給餌 
    秋のダニ駆除 
  秋の給餌
ミツバチは越冬用に餌を貯える昆虫です。もし人間が採蜜しなければ、春から初夏までの貯蜜で真夏の蜜源切れの時期もなんなく乗り切れます。さらに秋にも蜜源がありますから、年間を通じて十分な貯蜜が出来、3〜4ヶ月の越冬にも餌不足の心配はないのです。しかし実際には人間が介在して採蜜をし、人口分封もしますから、年に2回非常に危険な時期がある訳です。 秋にヤブカラシ、あきそば、セイダカアワダチソウが咲くような蜜源の豊富な場所では、秋の貯蜜だけで越冬用餌は十分です。十分な貯蜜とは、おおよそ以下のようです。 1) 内側の全部の蜂児碑に3分の1以上の貯蜜がある。 2) 両外側の2枚は全面貯蜜の蜜巣脾である。 しかし、十分な貯蜜が得られてない場合は餌を補給してあげます。秋の給餌では蜂群を密集させ、巣脾を少なくしてから給餌器を入れます。蜂たちはまず、外側にある蜜巣碑に貯蜜し、その後内側の蜂児巣脾に貯蜜します。
[1] 
特定商取引に関する法律に基づく表示 プライバシーポリシー
Copyright (C) 2013 蜜蜂 みつばち ミツバチ 販売!!よろこんで。 All rights reserved