総計: 1703489  今日: 37  昨日: 181       Home SiteMap Admin Page
蜜蜂 みつばち ミツバチ 販売!! よろこんで。   
西洋ミツバチ販売
養蜂器具販売
西洋ミツバチ飼育指南
日本蜜蜂飼育指南
養蜂全書(現代語私訳)
蜜源植物
養蜂用語集
お役立ち情報
質問と回答
ご質問はこちらへ
 11月の西洋ミツバチ飼育 
    弱群の合同 
    越冬装備(巣門) 
    越冬装備(内部) 
    越冬装備(外部) 
    越冬装備(寒冷地) 
 12月/1月の西洋ミツバチ飼育 
    餌残量の確認 
    越冬装備材の天日干し 
 2月の西洋ミツバチ飼育 
    巣箱と蜂場の準備 
    養蜂器具の手入れ 
    早春の内検 
    早春の緊急給餌 
    寒冷下での給餌 
 3月の西洋ミツバチ飼育 
    麻袋の保管 
    薫煙材と覆いの作成 
    巣箱の交換 
    巣箱の掃除 
    根蜜の除去 
    春の建勢 
    春のダニ駆除 
    春のふそ病予防 
    空巣脾の使用前に 
    巣脾枠の仕分け 
 4月の西洋ミツバチ飼育 
    空巣脾の挿入 
    雄蜂児数の調整 
    分封対策 
    継箱の設置 
 5月の西洋ミツバチ飼育 
    アリ対策 
    群殖ー人工分封 
    巣礎枠入れ 
 6月の西洋ミツバチ飼育 
    チョーク病対策 
 7月の西洋ミツバチ飼育 
    夏の給餌 
    夏のダニ駆除 
    暑さ対策(1) 
 8月の西洋ミツバチ飼育 
    暑さ対策(2) 
 9月の西洋ミツバチ飼育 
    スズメバチ対策(1) 
    スズメバチ対策(2) 
    秋の抜き蜜 
 10月の西洋ミツバチ飼育 
    巣脾の整理 
    空巣脾の保管 
    群勢の確認 
    秋の給餌 
    秋のダニ駆除 
  越冬装備(巣門)
10月中旬を過ぎると、日に日に気温が下がっていきます。巣門は蜂群の大きさと気温を考慮して狭めていきますが、 大体のめやすは以下のようです。 1)蜂群が6枚群程度になったら、巣門を2分の1に狭めます。8枚〜9枚の大群でも、1日の最低気温が10度Cになったら、巣門を2分の1に狭めます。 2)最低気温5度C以下の日が続くようになったら4分の1に狭めます。 3)最低気温2度C以下の日が続くようになったら2cm程度まで狭めます。2cm以下の狭さでは、蜂たちの出入りに不便です。 巣門は蜂たちの出入口という役割の他に、新鮮な空気の巣への取り入れ口という役割がありますから、氷点下以下になっても、完全に閉めてしまってはいけません。巣箱内では蜂たちは寒さを避けて巣門から遠い所にいると思われがちですが、実は新鮮な空気を求めて巣門のすぐ上に蜂球を作っています。 巣門を狭めるのに新聞紙などを詰めるのも良いですが、あらかじめ、写真のような長短2種の巣門材を用意しておくと便利です。長い方で2分の1を塞ぎます。短い方は最初4分の1を塞ぎ、その後2cmまでさらに狭めます。
[1] 
特定商取引に関する法律に基づく表示 プライバシーポリシー
Copyright (C) 2013 蜜蜂 みつばち ミツバチ 販売!!よろこんで。 All rights reserved