総計: 1697915  今日: 74  昨日: 187       Home SiteMap Admin Page
蜜蜂 みつばち ミツバチ 販売!! よろこんで。   
西洋ミツバチ販売
養蜂器具販売
西洋ミツバチ飼育指南
日本蜜蜂飼育指南
養蜂全書(現代語私訳)
蜜源植物
養蜂用語集
お役立ち情報
質問と回答
ご質問はこちらへ
 11月の西洋ミツバチ飼育 
    弱群の合同 
    越冬装備(巣門) 
    越冬装備(内部) 
    越冬装備(外部) 
    越冬装備(寒冷地) 
 12月/1月の西洋ミツバチ飼育 
    餌残量の確認 
    越冬装備材の天日干し 
 2月の西洋ミツバチ飼育 
    巣箱と蜂場の準備 
    養蜂器具の手入れ 
    早春の内検 
    早春の緊急給餌 
    寒冷下での給餌 
 3月の西洋ミツバチ飼育 
    麻袋の保管 
    薫煙材と覆いの作成 
    巣箱の交換 
    巣箱の掃除 
    根蜜の除去 
    春の建勢 
    春のダニ駆除 
    春のふそ病予防 
    空巣脾の使用前に 
    巣脾枠の仕分け 
 4月の西洋ミツバチ飼育 
    空巣脾の挿入 
    雄蜂児数の調整 
    分封対策 
    継箱の設置 
 5月の西洋ミツバチ飼育 
    アリ対策 
    群殖ー人工分封 
    巣礎枠入れ 
 6月の西洋ミツバチ飼育 
    チョーク病対策 
 7月の西洋ミツバチ飼育 
    夏の給餌 
    夏のダニ駆除 
    暑さ対策(1) 
 8月の西洋ミツバチ飼育 
    暑さ対策(2) 
 9月の西洋ミツバチ飼育 
    スズメバチ対策(1) 
    スズメバチ対策(2) 
    秋の抜き蜜 
 10月の西洋ミツバチ飼育 
    巣脾の整理 
    空巣脾の保管 
    群勢の確認 
    秋の給餌 
    秋のダニ駆除 
  早春の緊急給餌
 

 

 

 

早春に内検してみると、同じ条件下でも蜂群によっては越冬前十分と思われた餌が思いのほか減っている場合があります。そんな時には、

 

1)        秋に抜き出し保管してある貯蜜巣碑枠があれば、ーー>

   餌が空になった巣碑を引き上げ、代わりに挿入します。蜂が

   密集していない巣碑枠がないように巣碑枠過多に注意!!

 

2)        ない場合にはーー>

砂糖液を給餌します。緊急時の給餌は糖度70度位が良いです。うすい

砂糖液ですと、完熟蜜にするのに労力を要し、真冬に重労働を課すこと

になります。うすい砂糖液ですと蒸発させた水分で巣箱内も濡れてしまいます。

 

砂糖水は巣箱内にあっても蓄えた餌とは扱われないで花蜜

と同様、食せるようになるまでに一連の作業が必要となるのです。

給餌器を入れる位置はは蜂群に接触出来る一番外側です。

 

気温12度以上なら巣箱を開け覆いも取って作業して大丈夫ですが、蜂を冷やさないように作業は短時間で終わらせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 最初の掲示物です。
 次のテキスト: 最後の掲示物です。
特定商取引に関する法律に基づく表示 プライバシーポリシー
Copyright (C) 2013 蜜蜂 みつばち ミツバチ 販売!!よろこんで。 All rights reserved